委員会情報

ヒューマンライツ委員会

社会合福祉法人 愛隣園 / 障害者支援施設 愛隣館

ヒューマンライツ委員会委員長
辻 啓司

〈委員会の設置〉

第1条
  • 社会福祉法人愛隣園が運営する障害福祉サービス施設・事業所(以下「事業所」という。)が、行う障害福祉サービスにおいて「障害者虐待の防止、障害者の養護者に対する支援等に関する法律」に基づき、利用者の安全と人権保護の観点から虐待の防止とその適切な対応(以下「虐待防止」という。)の推進に関する委員会(以下「委員会」という。)を設置する。

〈委員会の目的〉

第2条
  • この規定は委員会の運営について、必要な項目を定める事を目的とする。

〈委員会の組織〉

第3条
  1. 委員会は委員長、委員を以て組織する。
  2. 委員長は施設長が指名する者とする。
  3. 委員の選任については、当該施設の管理者(以下「管理者」という。)及びサービス管理責任者もしくはサービス提供責任者(以下「責任者」という。)、看護課、食生活課、事務総務、ケア課、利用者代表者、第三者委員、相談支援員、その他必要とされる者の中で管理者が指名した者とする。
  4. 委員長に事故ある時は、委員長代理を立てその職務を代行する。
  5. 委員長が指名した委員の任期は1年とする。
  6. 各事業所において、事業所部会を設置して、管理者、責任者及び看護師等を構成として、定期的に又は適時、委員会を開催し、虐待の防止に努める。

〈委員会の開催〉

第4条
  1. 委員会は、合同で年6回、各部で年6回以上開催する。
  2. 委員長は、委員会において必要があるときは、前条に定める委員の他に、参考人として指名した者の出席を求めることができる。
  3. 委員会は、書記を指名し議事録を整備する。
  4. 事業部ごとの開催は、必要に応じて、事業所責任者が招集し開催する。

〈委員会の業務〉

第5条
  1. 委員会は、次の業務を行う。
  2. 職員倫理綱領を職員に周知し、行動規範とするよう啓発する。
  3. 「虐待の分類」について、職員に周知することと、定期的な見直しを行い、疑いのある項目を足していく。
  4. 「虐待を早期に発見するポイント」に従い、「虐待発見チェックリスト」結果による調査を必要あるごとに実施する。
  5. 上記の実施した調査の結果、虐待や虐待の慮があるときは、虐待防止受付担当者に報告する。
  6. 他の委員会と日程の調整を行い、虐待防止に係る研修を年2回以上行うこととする。
  7. ヒヤリ・ハット委員会より、事故等の問題が虐待につながるような場合は、ヒューマンライツ委員会において対応する。
  8. その他、法令及び制度の変更のあるごとに委員会を開催し、規定等の見直しを行うこととする。
  9. 委員会はヒヤリ・ハット事例を蓄積し、委員会にて分析及び実施体制の評価・検証を行う。分析結果を管理者に報告し対策等を施設内で共有する。

〈委員会の責務〉

第6条
  1. 委員会は、虐待が起こらないよう事前の措置として、職員の虐待防止意識の向上や知識を周知し、虐待のない施設環境づくりを目指さなければならない。
  2. 委員は、日頃より社会福祉法・身体障は、害者福祉法・知的障害者福祉法のみならず障害者総合支援法や障害者権利条約等の知識の習得に努めるだけでなく、人格の向上にも努めるものとする。
  3. 委員会の委員長・委員は、日頃より利用者の支援の場に虐待及び虐待に繋がるような不適切な支援が行われていないか観察し、必要があるときは職員に直接改善を求めたり、指導したりすることとする。
  4. 委員会は、その他の各委員会とも連携を取り利用者の虐待の慮のある事案や支援等に問題がある場合は、各委員会と協議し、協同で会議を開催する等、虐待防止の対応・対策及び改善を図るものとする。

〈その他〉

第7条
  • 苦情及び説明・同意については事業所の利用契約書及び重要事項説明書に準拠し対応する。

〈雑則〉

第8条
  • この規定に定めるもののほか、委員会の運営に必要な事項、虐待防止上必要な対応については、委員長が委員に諮り、理事会にて協議して定めるものとする。

安全衛生委員会

愛隣館では、『職員が健康で安心して働きつづけることは、よりよい支援・介護へつながっていく』という考えのもと、職員の健康と安心を大切にしています。施設に、安全衛生に関する審議機関として安全衛生委員会を設置。安全衛生委員会は、産業医、衛生管理者(資格を持つ職員)及び各事業所より幅広い職種により構成されています。

安全衛生委員会の開催

委員会は毎月1回開催。緊急時は必要に応じて臨時会議を開催。
ア)施設内における安全衛生の予防体制に関すること
イ)安全衛生に関する情報の収集に関すること
ウ)施設内で報告のあった労働災害事例の対応策に関すること
エ)安全衛生のためのマニュアル類の整備に関すること
オ)職員を対象とした安全衛生に関する研修の実施に関すること
カ)その他、当施設内の安全衛生のために必要な事項に関すること

平成30年度安全衛生委員会スケジュール

テーマ
4月 安全衛生委員会について
5月 老化防止体操(ロコモ体操)
6月 季節の予防(食中毒)
7月 腰痛対策について
8月 ハラスメントについて
9月 ジェネリック医薬品について
10月 歯の健康について
11月 季節の予防(インフルエンザ)
12月 飲酒・喫煙について
1月 転倒防止について
2月 メタボ予防の食事について
3月 危険個所について

ストレスチェック(年1回)

労働者のストレスの程度を把握し、労働者自身のストレスへの気付きを促すとともに、職場改善につなげ、働きやすい職場づくりを進めることによって、労働者がメンタルヘルス不調となることを未然に防止すること(一次予防)を主な目的としたもの。

職員研修に関する企画委員会

職員研修委員会は、職員の質、サービスの質の向上を目標に活動を行っています。新任、中堅、リーダー職員とスキルに合わせた研修を計画し、施設内研修、研修外研修を実施しています。

リスクマネジメントに関する委員会

利用者が安全、安心に生活できるよう、事故の防止に取り組みます。また、事故が発生した際、速やかな対応が行える体制の準備、施設全体で再発の防止に努めます。

リスクマネジメント委員会の内容として

ヒヤリ・ハット報告書、アクシデント報告書の内容を分析し、事故の発生、再発防止の為の改善策を検討します。検討した改善策を実施し、全職員に周知徹底を行います。

日常支援業務改善に関する委員会

日常支援業務改善に関する委員会では、利用者の意見を取り入れ、快適な生活がおくれる様にケアサービスの見直し改善を定期的に行い、職員の意識を統一したものにしています。